なぜ分別が必要なの?
分別を積極的に行えば、再資源化率が高まるからです。
紙の種類によって生まれ変わるものが違うんだよ!
紙のリサイクルは、正しい分別からはじまります。
古紙はこのような製品に生まれ変わります。
禁忌品
「禁忌品」とは「製紙原料にならない異物のこと。再生のさまたげになるので、あらかじめ必ず取り除きましょう。
  • 粘着物の付いた封筒や圧着はがき(親展はがき)
  • 防水加工紙(紙コップ、紙皿、紙製の食品容器など)
  • 油紙
  • 金銀などの金属が箔押しされた紙
  • 合成紙(プラスチック製品で、正確には紙ではないもの。選挙の公示用ポスター・投票用紙など)
  • 捺染紙(アイロンプリント紙。主に絵柄など布地に加熱してプリントする際に使用される紙)
  • 感熱性発泡紙(加熱により発泡するインキが塗布された紙。主に点字関係で使用されるもの)
  • 感熱紙(ファックス用紙、レシートなど)
  • 印画紙の写真、インクジェット写真プリント用紙
  • 感光紙(青焼きコピー紙)
  • 裏カーボン紙、ノンカーボン紙(宅配便の複写伝票など)
  • 複合素材の紙(プラスチックフィルムやアルミ箔などを貼り合わせたもの)
  • 臭いのついた紙(石けんの個別包装紙、洗剤や線香の紙箔など)
  • その他紙以外のもの
judgment_img3

禁忌品が混ざると、再生された紙に悪影響を及ぼし、製品として使用できなくなります。
紙のリサイクルを進める上で、みなさんの協力が必要不可欠です。

ぜひ、ご協力ください。